美容外科で受けるアンチエイジング治療|美しさをキープする

女の人

老化や疾患の防止に有効

花と女性

アンチエイジングの治療は、見た目の美しさを手に入れるためだけではなく、老化や疾患を防止するのに有効な治療法です。もしアンチエイジングに興味があるなら、胎児の成長に欠かせない胎盤がもつ栄養成分を生かしたプラセンタ療法を試してみるといいでしょう。

Read More...

加齢に打ち勝つ

鏡を見る女性

アンチエイジング治療を受ける際には、現在専用のドッグ検査があります。このような検査を受けておくことで、体の老化レベルや今後の病気のリスクなどを知ることが可能です。治療をスタートするに当たっては、体の状態が正確に分かる遺伝子検査を受けておくと役立ちます。

Read More...

若返り手術の特徴

顔

利用するときの注意点

美容外科で人気の若返り・アンチエイジング系の美容整形には、簡単にできるプチ整形から、本格的なフェイスリフトまで幅広い種類があります。どんな手術をするにしても、必ずリスク、デメリットというのがあります。手術をするときには、メリットだけに目を向けず、デメリットもしっかり理解しておくことが大切です。美容整形はすべて自由診療なので、美容外科クリニックごとに施術料金が異なります。たとえば同じ「ヒアルロン酸注射」でも、料金表を見ると一回1万円と記載しているクリニックもあれば、一回5万円と記載しているクリニックもあります。同じ内容なら一回5万円よりも1万円のクリニックで治療を受けるのがお得なことは間違いないです。しかし、その安さにつられてクリニックに行ってみると、実際は「1万円では十分な効果がでない」と言われて5万円以上かかる場合がほとんどです。要するに料金表に記載されてある激安な価格は釣りである可能性が高いのです。料金表を見ることは、相場を調べるうえで大事なことですが、実際に額面通りに受け取るとあとでがっくりすることがあります。何にしても複数のクリニックを回ってカウンセリングを受け、納得できる説明をしてくれたクリニックで治療を受けることが大切です。

年代別に有効な手術

肌のたるみやしわのリフトアップといえば、フェイスリフトに代表される美容整形です。フェイスリフトやミニリフトなどの「切る」美容整形は、確実なアンチエイジング効果があります。50代や60代になると、肌のたるみが深刻になってきて、簡単なプチ整形では思うような効果が出なくなります。しかし、フェイスリフトならたるんでいる皮膚そのものをカットして縫合するので、プチ整形では得られない劇的な効果を得ることができます。30代や40代であれば、まだプチ整形で対応できます。アンチエイジング系のプチ整形には、サーマクールなどの治療器系、ヒアルロン酸注射、アプトスやワプトスなどの糸系があります。サーマクールは、最新の「切らないリフトアップ」として知られています。高周波を使って肌内部のコラーゲンを増やし、内側から肌にハリをもたらしてタイトニングする治療です。ヒアルロン酸注射はほうれい線、目の下のゴルゴ線、たるみ、瞼のくぼみなどの解消に役立ちます。アプトス・ワプトスは特殊な糸を顔の中に入れてたるんだ皮下組織をひっぱり、リフトアップするプチ整形です。いずれのプチ整形もメスを使わないで簡単にアンチエイジングができます。

お勧めの若返り方法

女の人

日々技術が進歩して生活は快適になっていますが、技術進歩の影響は美容業界にも変化をもたらしています。その最たるものが、アンチエイジング治療です。アンチエイジング治療は若い頃の美しい容姿を取り戻す、ある意味タイムマシンとも呼べる夢の様な治療法なのです。

Read More...

いつまでも若々しく

鏡を見る女性

アンチエイジングの治療によって若返りをはかる場合、体の内から抗酸化作用により若返る必要があります。その上で、顔のシミやシワが気になるときは、レーザーやボトックス、イオン導入といった治療を受けることになります。どんな治療でも継続が必要で、すぐに効果を期待せず根気よく続ける必要があります。

Read More...